facebook
教育検査について

教育検査
について

教育検査について

教育検査について

NOCC教育検査の目的

ばらつきのない

学習指導ができる

直感での学習指導は手に入れた情報と今までの経験を照らし合わせることによって素早く判断をすることができますが、人によって判断が違ってくることがあります。

NOCCの教育診断は受検者の情報を一定の方法に基づいて科学的に分析し判断するため、個人間の差がなく、再現性の高い学習指導に役立ちます。

現状の問題点
教育検査を活用
Aくんの結果Bさんの結果

教育診断でわかること

得意・不得意を

的確に把握する

人の能力には様々なものがあり、それらの強弱によってそれぞれの個性、特性が表れます。NOCCの教育検査は学術的に定義されている指標の中から教育に深く関わる項目を測定。

今までのテストでは測ることが難しかった様々な能力が見えることで、その人の得意・不得意を的確に把握することができます。

Aくんの結果Bさんの結果

学術的な根拠に基づく教育検査

認知能力・

非認知能力を数値化

人の能力は心理学において長年研究されてきました。現在一般的なのは、人の能力をIQ(認知能力)とEQ(非認知能力)に分ける考え方です。それらは時代により様々な分類の方法が提案されてきました。

NOCCではその中でも最新の研究に基づく指標を使っています。それにより産学連携を可能にし、常に最先端の教育科学をお届けしていきます。

IQ (知能指数)
EQ (情動指数)

IQ

IQの分類はCHCモデルを基本とします。CHCモデルでは、処理速度や記憶の保持力などの根本的なものから、語彙力や応用力などの表層に現れやすいものまで様々な指標があります。10年程前まではウェクスラーモデルが主流でしたが、最近ではCHCモデルの方が主流になりつつあり、普段テストで測るような知識量だけではなく、問題を解決するための様々な能力を測ります。

EQ

EQの分類はFFモデルを基本とします。FFモデルでは、外向性や協調性など性格を5つに分類します。ひと昔前は12から16個程度に分類していたのですが、統計学が進化するにつれてこの5つの分類が適していることが分かってきました。一般的には性格と言われるものですが、それらも問題を解決するための間接的な能力として捉え、数値化します。

IQ・EQ研究の歴史

教育検査で根拠としている理論は、
多くのIQ・EQの研究によって形成されてきました。
IQ・EQに関係する研究の歴史を紹介します。

1905

アルフレッド・ビネーの知能検査

1900年以前からジェームズ・キャッテルなどが知能について研究していましたが、アルフレッド・ビネーが、知能検査が作成がしたことを機会に広まりました。当時の検査は受検者の発達が遅れているかどうかのみを知る内容で、「田中ビネー知能検査」など「ビネー式」と呼ばれる検査はこの検査を基としています。

IQ
1936

ゴードン・オールポートの「特性論」

ゴードン・オールポートが従来の「類型論」と違った「特性論」を提唱しました。類型論は性格を数種類に分類する方法ですが、特性論は性格を数種類の特性の強弱の組み合わせで性格が形成されるという考え方です。

EQ
1946

因子分析法による統計学的手法

レイモンド・キャッテルが因子分析法により、特性を統計学から導き出しました。当時の統計手法では人の特性は16個に分類されています。

EQ
1990

ゴールドバーグの分析

ルイス・ゴールドバーグは分析の結果、特性は16個も分けられず、5個だと提唱しました。この理論が現在データが最も強く、支持されるモデルとなっています。

EQ
2001

CHC理論の確立

キャッテル、ホーン、キャロルの理論を2001年にまとめられ「CHC理論」として確立。この理論が現在データが最も強く、支持されるモデルとなっています。

IQ
BC400

ヒポクラテスの四大体液説

紀元前400年頃にヒポクラテスが考案した四大体液説というものが、人間を行動などによって幾つかのタイプに分類する類型論の始まりであると言われています。この時代はこの四大体液のバランスによって病気が発症しやすくなるなど、病理学の延長線上で類型論が考えられていました。

EQ
1921

カール・ユングの8種のタイプ分類

カール・ユングが8種類のタイプに分類したことが心理学における類型論の始まりで、そこからエルンスト・クレッチマーやシュプランガーなど数多の心理学者が人の気質(狭義の性格)を様々な考え方で分類しています。

EQ
1943

カール・ユングの8種のタイプ分類

認知能力についての研究で、知能をGf(流動性知能)とGc(結晶性知能)の2つに分類しました。

IQ
1965

ジョン・ホーンの理論拡張

ジョン・ホーンはキャッテルの理論を拡張し、「Gv・Gsm・Glr・Gs」の4つの能力因子、その後さらに「Gt・Gq・Grw・Ga」などの因子を加えました。

IQ
1993

ジョン・キャロルのメタ分析

ジョン・キャロルは様々な知能検査の結果をメタ分析した結果、IQが3つの階層構造になっていることを発見しました。

IQ
BC400

ヒポクラテスの四大体液説

紀元前400年頃にヒポクラテスが考案した四大体液説というものが、人間を行動などによって幾つかのタイプに分類する類型論の始まりであると言われています。この時代はこの四大体液のバランスによって病気が発症しやすくなるなど、病理学の延長線上で類型論が考えられていました。

EQ
1905

アルフレッド・ビネーの知能検査

1900年以前からジェームズ・キャッテルなどが知能について研究していましたが、アルフレッド・ビネーが、知能検査が作成がしたことを機会に広まりました。当時の検査は受検者の発達が遅れているかどうかのみを知る内容で、「田中ビネー知能検査」など「ビネー式」と呼ばれる検査はこの検査を基としています。

IQ
1921

カール・ユングの8種のタイプ分類

カール・ユングが8種類のタイプに分類したことが心理学における類型論の始まりで、そこからエルンスト・クレッチマーやシュプランガーなど数多の心理学者が人の気質(狭義の性格)を様々な考え方で分類しています。

EQ
1936

ゴードン・オールポートの「特性論」

ゴードン・オールポートが従来の「類型論」と違った「特性論」を提唱しました。類型論は性格を数種類に分類する方法ですが、特性論は性格を数種類の特性の強弱の組み合わせで性格が形成されるという考え方です。

EQ
1943

カール・ユングの8種のタイプ分類

認知能力についての研究で、知能をGf(流動性知能)とGc(結晶性知能)の2つに分類しました。

IQ
1946

因子分析法による統計学的手法

レイモンド・キャッテルが因子分析法により、特性を統計学から導き出しました。当時の統計手法では人の特性は16個に分類されています。

EQ
1965

ジョン・ホーンの理論拡張

ジョン・ホーンはキャッテルの理論を拡張し、「Gv・Gsm・Glr・Gs」の4つの能力因子、その後さらに「Gt・Gq・Grw・Ga」などの因子を加えました。

IQ
1990

ゴールドバーグの分析

ルイス・ゴールドバーグは分析の結果、特性は16個も分けられず、5個だと提唱しました。この理論が現在データが最も強く、支持されるモデルとなっています。

EQ
1993

ジョン・キャロルのメタ分析

ジョン・キャロルは様々な知能検査の結果をメタ分析した結果、IQが3つの階層構造になっていることを発見しました。

IQ
2001

CHC理論の確立

キャッテル、ホーン、キャロルの理論を2001年にまとめられ「CHC理論」として確立。この理論が現在データが最も強く、支持されるモデルとなっています。

IQ